アイフル過払いが発覚したら

元本が100万円の場合には、利息制限法の上限は年15パーセントとなっているために、年間に支払う利息は最大で15万円までとされています。

これを超えて支払った分は過払いとなり返還を請求することができるようになりました。大手の消費者金融は年利29パーセント以上の金利を設定していました。年間29万円以上支払っていた事になり、単純に計算すると14万円が過払いとなり、消費者金融に対して返還の請求を行うことができます。

交通事故の慰謝料の情報がてんこ盛りのサイトです。

大手よりも規模の小さい消費者金融の中には、さらに高い金利を設定している会社もあったので、過払い金はさらに大きな額になります。
過払い金が1000万円を超えるケースも少なくないことには、このような理由が背景としてあるからです。
最後に消費者金融を利用してから10年間で時効が成立してしまうために、過払い金の返還請求を行うのならば早めに行動を起こさなければなりません。



消費者金融を利用していたうちの半数以上の人に過払い金が発生している可能性があると言われており、身に覚えのある場合には検討してみる値打ちはあるでしょう。
過払い金を利用者に対して返還する能力を失った消費者金融は倒産してしまうというケースも増えてきています。現在は早く行動を起こした者勝ちという状況になってきているようです。過払い金の返還請求を行うことは利用者にとっての正当な権利なのですが、請求先の消費者金融が倒産してしまったり、時効を迎えてしまった場合には権利が消滅してしまいます。



慎重に検討するとともに迅速に行動する必要があるようです。

返還されたお金によって、借金を完済した上に残金が生じるというケースも多いようです。

交通事故の弁護士についての情報をまとめたサイトです。

多重債務に悩んでいる人たちにとっては、現状から脱却する大きなチャンスでありデメリットはほとんどありません。無料相談を行なっている司法書士事務所も少なくないので、まずは専門家に相談する事を考えてみるべきなのではないでしょうか。

これまで何度か利息の制限を規制する法律が改正されているため、ある程度以上の期間にわたって借金を返済している人は、法律改正前の高い利率で返済し続けている可能性があります。
法律で制限された利率を超えて利息を払うことを過払いと呼びます。


債務者から過払いの返済を受けている金融機関は法律に違反しているので、本来は取りすぎた過払い分の利息を元本に充当しなければなりません。
しかし、実際には債務者側から確認しない限りわざと気づかないふりをして払いすぎの返済をそのままにしていることがほとんどです。したがって、長期間借金を返済している人は、自分の返済している利息が法律の制限を超えて過払いになっていないかどうか確認する必要があります。

自分で今までいくら返済していて元本がいくら残っているかを計算するのが難しい人は、弁護士に相談しましょう。金融機関から送られてくる書類を弁護士に渡せば、返済状況をチェックして過払いになっていないかどうかすぐに確認してくれます。


また金融機関への過払い請求もやってくれるので、払いすぎている借金を取り戻すことができます。



もし払いすぎている返済がすでに借金の額よりも大きくなっている場合は、返済を止めることが出来るだけでなく、払い過ぎた分としてお金が戻ってきます。
お金が戻ってくるまで行かなくても、払いすぎが発生していれば、その分を借金の元本にあてて今後の返済額が少なくなります。
いずれにしても、返す必要のない借金をいつまでも返し続けている人は、かなりの数存在している状態ですので、まずは一度確認してみることをおすすめします。

これまで5年以上借金の返済をしている人は高い確率で過払いになっているはずですので、かならず弁護士に相談しましょう。

http://www.47news.jp/smp/topics/entertainment/oricon/economy_trend/203759.html

金融機関から言われるままに返済してはいけません。

http://allabout.co.jp/gm/gl/885/

ありとあらゆる手段を使ってお金を取ろうと画策するのが金融機関ですので、こちらもありとあらゆる手段を使って対抗する必要があります。

http://girlschannel.net/topics/676187/

関連リンク

ニコス過払いの詳しい実情

以前消費者金融は、利息制限法の上限を超えた金利を設定していた時代がありました。大手の消費者金融の内のほとんどの会社は、年間に29パーセント以上の金利を設定していました。...

more

CFJの過払い対策を一挙大公開

払いすぎた借金の利息が返ってくる過払い請求ですが、注意しなければならないのが時効です。時効と聞くとすぐに犯罪と結びつけてしまいますが、民法でも存在します。...

more