形式にとらわれない家族葬

最近注目されている『家族葬』、一般の葬儀のように形式にこだわるのではなく、故人に合わせた内容と家族や近親者のみで見送ることができ、お別れの時間をゆっくり過ごすことができるため希望する人が増えています。
費用は一般葬に比べ安く抑えることができますが、費用の面だけでなく時間や気持ちを優先した葬儀と言えるのではないでしょうか。

家族葬サイトで情報を入手してみて下さい。

家族葬を行う際に注意すべきことは、参列者を招かないことで後々のお付き合いに不具合を生じさせないことです。

毎日新聞の情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

訃報を知らせるとともに参列のお断りに関して理解していただける旨を連絡しなければなりません。

最近では家族葬を行うことが珍しくないため、分かっていただけるようになりましたが、配慮を欠かないように注意することが大切です。
葬儀の参列をお断りしても、後日あらためて「お別れ会」などを設定し、参列してもらうことで理解していただくことも考えておくと良いでしょう。病院で亡くなった場合、葬儀社が控えていることがありますが、依頼する葬儀社を決めている場合にはお断りすることができます。
搬送だけでも依頼すると、葬儀全般をその葬儀社に依頼せざるを得ないことになりかねません。
故人の希望していたような葬儀にしたいのであれば、依頼したい葬儀社に希望と予算を伝え、プランを提案してもらうこともよいでしょう。



家族葬は、形式にとらわれないため式場でも自宅でも行うことが可能です。

装飾や祭壇の大小や有無も、自由に決めることができるので、故人が好きだった花やものを供えて見送りたいものです。