家族で温かく見送る家族葬

家族葬は一般葬に比べ規模の小さい葬儀です。

家族葬の情報サイトです。

参列者を招かないため、式場の場所もそれほど広いスペースを要さず、自宅で執り行うことも可能です。

また大きな祭壇や華美な装飾をする必要もありません。

最高の朝日新聞デジタル関連情報を紹介しています。

華やかに飾ることも、シンプルにすることも自由な葬儀です。



費用は葬儀社により異なりますが、50万円程度からが相場とされています。


基本プランが設定されているため、内容の確認をして必要な物品やサービスの確認をしておきましょう。プランに含まれていないもので必要な物がある場合には、追加料金が発生することがあります。価格の設定が、追加料金の発生するものか定額であるのか確認しておくことも大切です。

故人を見送る大切な儀式であるため、後々嫌な思いをするのは避けたいものです。そのためにも、価格設定と内容の確認は必ずしておきましょう。

家族葬は、故人と家族が最期のお別れをする時間をとれるように、行われるようになった葬儀の形です。
受付や接待の場を設けることがないため、時間に追われることがなくゆっくりお別れすることができるのです。
大切な人の死を受け入れることは悲しいことですが、この場で現実と向き合うことにもなります。
一般の葬儀では、忙しいうちに終わってしまったということが多く、後からくる喪失感も大きいようです。大切なのは、故人の死を悲しむ人たちが温かく見送ってあげられることなのです。

家族葬によって、お招きできなかった方々へは、後日『お別れ会』や『偲ぶ会』を設け、あらためて見送ってもらうことで理解していただきましょう。


対策方法

最近注目されている『家族葬』、一般の葬儀のように形式にこだわるのではなく、故人に合わせた内容と家族や近親者のみで見送ることができ、お別れの時間をゆっくり過ごすことができるため希望する人が増えています。費用は一般葬に比べ安く抑えることができますが、費用の面だけでなく時間や気持ちを優先した葬儀と言えるのではないでしょうか。...

more

耳より情報

自分の葬儀に費用を掛けたくない人が増えています。華美な装飾や大きな祭壇など不要で、家族に見送ってもらえばそれでいいという考えの方々です。...

more

行事の重要知識

最近では家族葬という葬儀スタイルを耳にすることが増えてきました。今まで主流とされてきた一般葬と比較して現代の人々により適したスタイルの葬儀であることから、家族葬を選択する人が増えています。...

more

納得の事実

近年人気を集める葬儀スタイルの一つとして家族葬があります。これはその名前の通り家族のみで行うこじんまりとした葬儀という意味で使われており、実際の葬儀社で手掛けるプランなどにも度々目にします。...

more