家族葬がオススメな理由

最近では家族葬という葬儀スタイルを耳にすることが増えてきました。
今まで主流とされてきた一般葬と比較して現代の人々により適したスタイルの葬儀であることから、家族葬を選択する人が増えています。社会環境の変化がもたらした現代のライフスタイルに合った葬儀であるからこそメリットがたくさんあります。



家族葬最大のメリットは落ち着いて故人のお見送りが出来るという点です。故人に関わりのある人々や近所の方などが大勢参加する一般葬では遺族の休まる暇はありません。

日本経済新聞情報を選びました。

事前の連絡から当日の受付、挨拶、香典返しをはじめとして様々な気遣いや気配りが必要となります。

故人を失って悲しみが深いときに忙しいことは悪いことではありませんが、忙しすぎると最期のひとときに納得できるお別れが出来なかったなんてことになりかねません。家族や近しい親族のみであれば最低限の気遣いで済み、ゆっくりと故人をお見送りすることが可能となります。他にも会社や近所の方を意識しなくて良いため、葬儀を過度に豪華なものにする必要がなくなり費用が抑えられるケースが多いです。



故人の医療費やその後の供養にかかる費用で葬儀にお金がかけられない場合にも適していると言えます。

このようなメリットがあるため家族のみの葬儀もオススメだと言えます。認知度が高まるにつれて、家族葬への理解も深まっています。しかしながら、故人を偲びたいという気持ちは遺族以外の方も同じですので、家族葬を行う場合は事前や事後に関係者に連絡しましょう。そうすることで、納得のいくお見送りが可能となります。